グランブルーファンタジー ヴァーサス 『ゼタ』コンボ・攻略メモ

2020年02月17日
0
0
GBVS
GBVS-35.jpg

祝グラブルVS発売!
サクサク対戦出来て楽しいね!ってとことで、今現在使用キャラである『ゼタ』の個人的なコンボのまとめや解説とか。
しかし入力方法が結構忙しいキャラで、PS4パッドで使ってたのにアナログスティックじゃなく十字キーを使わざるを得なくなった。

アルベスの槍の入力コマンドを考えた人、怒らないから出てきなさい。
(2/20追記更新)


【ゼタのキャラコンセプト】

弾で嫌がらせをしつつ、アルベスの槍でぶっこんで、起き攻めで倒す。
たぶんこれ。

789
456
123


今から書いてるコマンドの数字は、テンキー表列です。
下のことは2、右のことは6。波動コマンドの場合は236となる。

コマンドは全てテクニカル表記で、ボタンはL(弱) M(中) H(強) U(特殊)に統一してます。このゲームは遠距離と近距離で通常技の種類が変わる為、近距離と遠距離で変わる場合は近/遠の表記をしています。


【アビリティ】

GBVS-38.jpg

・シグノ・ドライブ (U連打)

槍で連続突きをする技。
コンボに使うことも出来るが、何かの攻撃をガードさせた時(近5L・L・L等)にシグノ・ドライブに派生し、とりあえず相手と距離を離したい時に使うことが多い。連打することによって連続突きの回数が上がり、ダメージや離れる距離が変わる。


GBVS-28.jpg

・インフィニット・ワンダーズ(236+L or M or H)

何故か槍から出るビームで、端から端まで届く。弾の強さはガチ。
相手の波動と同時でも打ち消すので、負けることもない。基本はL版を連発して回り込みで避けてくる相手には、M版が発生を変えられるので、それでフェイントをかけたり揺さぶっていく。
このゲームは削りフィニッシュがあるので、相手のHPがドットになった場合はすこぶる強い。

H版は立ち回りで使っちゃうとしばらくアビが使えなくなるのが痛い為、主に画面端近くのコンボ用。
他キャラのH版波動技のような多段技はかき消せなかったりするので、強いからといって過信しない事。


GBVS-31.jpg

GBVS-26.jpg

・アルベスの槍(66+L or M or H) 
・アルベスの槍・上昇(地上で22+L or M or H) 下降(空中で22+L or M or H)


とりあえず、突っ込んでいく技。
地上けん制に仕込んだり、そのまま生で出したり、空中で出して対空をズラしたり。
地上版にしろ空中版にしろ2回まで連続で行動可能で、相手に向かって自分の方向に戻ってくるという事も出来るので、当たっていたらそのまま追撃、ガードされてたら引き返すをするとリスクも少ない。

ただ、突っ込んだ後引き返すのを読まれると、リーチの長い技で確定反撃を取られるので注意。(それこそゼタ同キャラならインフィニット・ワンダーズが確定する時もある)


GBVS-29.jpg

・ラプソディー (214+L or M or H)

アーマー判定の技。投げには負けるが、打撃なら効果時間中はいくらでも耐える。
他のゲームでありがちな耐えてる最中の一時的なダメージもない。L版が下段判定の技を耐え、M版が上段や中段技、Hが両方に対応することが出来る。発生も早いHを使うことが、無敵技の無いゼタの重要な切り替えし技になる。

ここから更に追加入力で、派生攻撃を出せる。
アーマー中にLでリーチの長めな打撃攻撃、主に中距離で相手の攻撃をガードした時や突進読みで置くときに。
Mでは昇竜のような打撃判定の技(無敵はない) カウンターヒットするとそこから拾える。
Hでは攻撃判定を出しながら上昇して前にかっとぶ。これを使ってコンボだったり、立ち回りで無理やり相手に触りにいったりと、一番使う頻度が多い。切り返したいときは主にMかHを使う。


【奥義】

GBVS-34.jpg

・プロミネンスダイヴ (236236+H) 

奥義の突進技。100%ゲージが溜まってる時にのみ使える。
相手の攻めを奥義の無敵で切り返したり、近5L(L・L)などの簡単なコンボからとりあえずダメージを出したい時に。
空中からも出すことが出来る。テクニカル入力じゃなくても、基本は簡易コマンドの方で問題ない。
カタリナやグランを相手にしたときに通常技キャンセル波動を使ってくるが、そこに生で出して割り込むことも出来る。


GBVS-33.jpg

・シリウスロア (236236+U)

HPが30%以下になると使える開放奥義。
プロミネンスダイヴ同様にコンボでも使えるが、判定が斜め上に上昇する為、対空にも使える。
インフィニット・ワンダーズで嫌がらせしながら前ダッシュし、相手が飛んできたところなんかも決まったり。
早すぎるとロックしないが、それでも十分なダメージソースだし、無敵が付いてるのが何よりデカイ。


【けん制技】

GBVS-23.jpg

GBVS-24.jpg

・遠5H
・2M
・遠5M


地上でのけん制技。相手の剣の方が槍より長くね?とか思っちゃ駄目。
リーチが一番長いのは遠5M、当たりやすいなと思うのは2M、判定が強いのは遠5M。
これにアルベスの槍やインフィニット・ワンダーズ、ラプソディーH派生の技を仕込んで立ち回る。


【飛び込み技】

GBVS-37.jpg

・ジャンプL
・ジャンプM
・ジャンプH
・ジャンプU


ジャンプLは発生が早く、着地まで持続が続く。ジャンプMはめくり判定があるので、めくりたい時なんかに。
基本的な飛び込みで振るのはジャンプHだが、下に判定が強いわけではない。
ジャンプUのホッピング連打でまとわりつくのが強い戦法ではあるが、高めに当てた場合は昇竜や回り込みで切り返されるので注意。


【対空技】

GBVS-25.jpg

・2H
・L or Hラプソディー
・遠5H
・Hアルベスの槍・上昇


基本対空は2H。リーチが長いせいか、早めに出さないと潰されやすい。
ゼタの対空コンボはカウンターヒットしなくても繋がるレシピがあるので、ちゃんとコンボをすればリターンは大きい。

ラプソディーでアーマに頼った対空も可能だが、ちゃんとした対空ではないので苦しい時用。相手がジャンプ攻撃後に様子見したり、連ガになる連携をしてくると割り込めなくなる。遠5Hは遠目の対空として、特にリーチが短いシャルロッテなんかに使える。Hアルベスの槍・上昇もギリギリ対空出来なさそうな間合いでの対空になる。


【オーバーヘッドアタック】

GBVS-36.jpg

地上で使える全キャラ共通の中段技。
しゃがんでる相手にも有効だが、相手の投げ抜けにも勝てるので投げをするところに読んでぶちかます。
カウンターで当たるとその後に近5Hが繋がるので、そこから痛いコンボをぶつける。


【どこでも出来る基本コンボ】

・近5L・L・L→Mアルベス(66M>6M) or Hアルベス(66H>6H>6H)
・近5H・H・H→シグノ・ドライブ(U連打) or プロミネンスダイヴ(236236H)
・2L→2L→シグノ・ドライブ(U連打)


ザ・基本コンボ。
U連打のシグノ・ドライブ締めはあまり使わなくはなるが、Hアルベスの槍がクールダウン中なんかで使えない時に使える。
奥義への繋ぎは簡易コマンドでもok。


・2L→2L→5L→Hアルベス(66H>6H>6H)

・2L→2L→2U→Hアルベス(66H>6H>6H) or プロミネンスダイヴ(236236H)
・2L→2L→2L→Hアルベス(66H>6H>6H) or プロミネンスダイヴ(236236H)


下段小技からの目押しの基本コンボ。
相手が立って食らってたら上で、しゃがんでたら下2つのコンボに。3つ目のは2Lからの66Hの入力が難しいから簡易コマンドを使うのもアリ。2Lがガードされてたら、また近づいて2L、投げ、中段をぶちかましてガードを崩していく。

66Hでのアルベスの槍締めは、連打じゃなくてタイミングよく遅らせて追加入力すると、その後の前ジャンプが『詐欺飛び』になる。ダメージだけ取りたいならアルベスの槍は真横じゃなく、斜め上派生の方が少しダメージが高い。
奥義のプロミネンスダイヴ後も、前ジャンプで詐欺飛び。

※詐欺飛び
分かりやすく言うと、相手の起き上がりに出す無敵昇竜技をガード出来る飛び込みの事。
ジャンプ攻撃をする際にちゃんとガード方向に入れながら飛ぶこと。


【画面端付近】

・近5L・L・L→HラプソディH派生(214H>H)→ジャンプH→近5H→Hアルベス上昇(22H>8H>2H)→2U
・近5H→HラプソディH派生(214H>H)→ジャンプU→ジャンプU→ジャンプH→Mアルベス下降(22M>2M>6M) or プロミネンスダイヴ(236236H)
・近5H・H・H→Hインフィ(236H)→近5H→HラプソディL派生(214H>L)→近5H→Hアルベス上昇(22H>8H>2H)→2U

・前投げ→ハイジャンプで詐欺飛び

HラプソディH派生は、早く入力しないと蹴り上げに繋がらないので注意。
このHアルベス(22H>8H>2H)入力をタイミングよく繋げれば、その後が拾えるので要練習。重要なコンボ。
空中からの相手を2Hで拾ってコンボを締めると、その後のハイジャンプ攻撃が詐欺飛びになる。ダメージ重視なら、最後の拾いを近5Mや近5Hで拾って奥義に繋げる。


GBVS-27.jpg
詐欺飛びからの択は、低めにジャンプU→ジャンプ攻撃の連続中段パターンと、ジャンプ攻撃→2Lか2Uの下段パターンが2択攻撃になる。

・2L→近5M・M→Hインフィ(236H)→近5H→HラプソディL派生(214H>L)→近5H→Hアルベス上昇(22H>8H>2H)→2U
・2L→2L→遠5L→Hアルベス(66H>9H>2H)→近5M・M・M→Hアルベス上昇(22H>8H>2H)→2U


こっちは主に下段でのコンボ。
シャルやグラン等、キャラによってはHラプソディL派生からの拾いが難しくなるので、H派生にしていいかも。
こっちの方が簡単。


【対空】

・2H→Hアルベス上昇(22H>9H>9H)
・2H→Hアルベス上昇(22H>8H>3H)→近5H・H・H→Hアルベス(66H>6H>6H)
・2H→Hアルベス上昇(22H>9H>3H)→遠5L→Hアルベス(66H>6H>6H) or プロミネンスダイヴ(236236H)
・遠5H→Hアルベス(66H>6H>6H)


多分当たり所によって拾えるかが変わる。ゼタの真上付近だと2H→Hアルベスから拾いなおしがしやすい。
5Hで拾うのが難しいので5Mで妥協することも。カウンターヒットじゃなくても繋がるところがゼタの長所。
画面端にある程度近ければ、途中で拾うところからHラプソディのH派生で更に伸ばせるはず。


【その他】

・ジャンプU→ジャンプU→ジャンプU→ジャンプH→Hアルベス下降(22H>6H>6H) or プロミネンスダイヴ(236236H)

空対空からのリターン高め。


・ジャンプU→ジャンプU→ジャンプU→ジャンプM→プロミネンスダイヴ(236236H)

しゃがみくらい限定。低めに当てることが大事。
攻撃を刻んで補正が乗ってしまった場合に早めに奥義に繋げるパターン。


・2L→5M・M・M→Hアルベス(66H>9H>3H)→遠5L→HラプソディH派生(214H>H)→ジャンプH→近5H→Hアルベス(22H>9H>9H)

画面中央付近からでも入る画面端まで運ぶ素晴らしいコンボ。
ただし、凄ーく難しい。


GBVS-21.jpg

とりあえず、自分が知ってるのはここら辺までなんで、これが役に立てれば幸いです。
コンボに関してはアビリティのクールダウンによって出来るものが変わるので、あくまで一例として。
随時更新するかもしれないし、しないかもしれない。

髪おろしゼタ、良いよね。
関連記事
SSX
Posted by SSX
ゲーム好きの気分的ブログ
気軽にコメントどうぞ。

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply