ZONE OF THE ENDERS HD EDITIONをプレイしてみての感想。

2019年02月26日
0
0
PS全般
PS3版のフリープレイに来てたので、今更ながらプレイしてみた。
PS3版のフリプは今月で終わりとのことなので、ある意味締めくくりのゲームかも。
いつものレビューとは違い、今回は只の率直な感想です。





『ZONE OF THE ENDERS HD EDITION』とは1作目の『Z.O.E』と2作目の『ANUBIS』が同時に収録されたセット作品。
『ANUBIS』の名は面白いと聞いたりするので、フリープレイで興味あったのもあってプレイしてみた。


16年くらい前のゲームではあるが、結論としては、普通に面白かった。
ゲームというよりは、1つのアニメ作品を見てる感じ。アクションも爽快感あって楽しかったし、グラフィックもリマスター化された影響で結構綺麗だった。

1作目のZ.O.Eより2作目のANUBISの方が語られるのは、様々な面でこちらの方がクオリティが高いからだろう。キャラクターもあまり出来の良いとはいえないCGからアニメーションに変更し、ストーリーにも幅が増えた。2つプレイした後でも正直、ANUBISの方が印象が強すぎて、こっちしか語れそうにないので、こっちの話をメインとする(;・∀・)

クオリティが上がった、そういう意味では続編としては成功してるといえると思う。
あと、どちらも音楽が良かった!音楽が良いって大事だ。


ANUBIS.jpg

基本的なゲームの面白さもあるけど、魅力的だったのは、主人公が乗る機体である『ジェフティ』の人工知能であるADA(エイダ)の存在。最初は厳しい口調だったのが、ヒトの影響を受けてどんどん柔らかく変わっていく過程が良かった。ヒロインはADAだこれ!といわんばかりの存在になっていったw

敵であるノウマンも、声優である小杉十郎太さんの熱演や、搭乗してる『アヌビス』含めカッコよく、悪役感満載。
一部の戦闘で使える『ベクターキャノン』というモードも、ロマン溢れてカッコよすぎた!


いや、本当に1つの作品として良い感じに締められてたよ。
古臭さも特に感じなかったし、プレイしたことない人は、今からでも全然楽しめると思う。
このシリーズで新作出たりすると更に人気出そうだなー…ファンはずっと望んでそうだけど。

最後に、何より驚いたのが…Z.O.Eのクリア時間が4時間15分くらい、ANUBISが4時間57分
2作合わせても10時間にも満たない短さということだよ!w
いや、これは別に悪いとかじゃないんだけどね。思ったよりも、思ったよりも、思ったよりも、短かった。

今の時代据え置き機で、こんなに短い時間のゲームもなかなかないだろうな。


ANUBIS2.jpg

結局、『はいだらー!』って何だったんだ…?
関連記事
SSX
Posted by SSX
ゲーム好きの気分的ブログ
気軽にコメントどうぞ。

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply