探索してるだけで楽しい。グラビティデイズ2 レビュー

2018年12月30日
0
0
PS全般
GD2-18.jpg

前作が面白かったグラビティデイズ。
有難いことに今月のフリープレイになってたので、PS+会員になってる間にささっとクリア。
基本的に前作と同じ感じだけど、一応感想なんかを。



【グラフィックやボリューム】


GD2-03.jpg

GD2-06.jpg


最近レビューしたダクソ3と同じく、ハードがPS4になったことによりグラフィックの質が上がり(※Vita版との比較)、解放感、浮遊感がより上がっている。ストーリーと関係のないサイドミッションも数が多く、全体的に前作の倍以上に。


GD2-01.jpg
今回のストーリーもアメコミ調ので進んでいく。


【チューンの使い分け】

GD2-11.jpg

今作の新システム。
重いスタイルと軽いスタイルの使い分けが出来るようになった。

重いスタイルであるユピトールチューンは、重さが故に落ちる速度が上がったり、攻撃自体の威力が上がる。
軽いスタイルのルーナチューンは、軽いおかげでジャンプ力が大幅に上がり、壁にそのまま吸い付くことが可能となる。

状況に応じて通常スタイルも含めて使い分けられるようになり、アクションのバリエーションが増えた。


【カメラや探索自体の面白さ】

GD2-04.jpg

GD2-16.jpg

カメラ撮影が出来るようになり、街の人々や自撮りをするのが楽しい!
カメラを使うことによって、取引現場を撮影するなどのミッションなんかもあったり。


GD2-05.jpg

マップが広いので、各地に点在するマンホールを使ってショートカット的に移動できるが、あまり使うことがなかった。
特に重力移動ではなく、ルーナチューンでふわふわと浮きながら浮遊感を感じながら移動したりすることが新鮮で、凄く気持ちよくて面白かった。

2になって更に探索してるだけでも楽しいゲームになった。


【可愛い】

GD2-14.jpg

GD2-15.jpg

GD2-13.jpg

サイドミッションをクリアするこによって入手出来るコスチュームも色々とあり、
主人公であるキトゥンちゃんが、相変わらず可愛い。
もうこれに尽きる。



ここからは気になった点を。


【酔いとの戦い】

GD2-08.jpg

グラフィックが向上してるせいか、はたまた携帯機じゃなく大画面でやるようになったかは定かではないが、序盤はかなり酔った(;・∀・)

ただ、慣れのせいなのか、酔ったりするのも序盤くらいであとからは問題なくなってきた。
酔いやすい人は注意するべし。


【ストレスも多い】

GD2-17.jpg

一番のBADポイント。
特にこのゲームの戦闘はあまり面白くない。
まず、全般的にカメラワークが悪く、敵に自在に動き回られるとどこに行ったのか分かんなくなってストレスが溜まる。大きな相手のボス戦なんかも大味で、こっちの攻撃が変な判定に吸われたりと、これまたストレスが溜まり、戦闘自体面白いなと感じたことがなかった。早く終わらないかなという義務感レベル。

一部のサイドミッションで連続で受け身を取るというアクションを要求されるも、これまたシビアすぎてイライラ。連打すれば簡単にクリア出来ることを後々に調べて知ったが、そんなの知らねーよ!と。これに限らず操作性が大味なのに、細かい動作を要求されることが多い。ちょっと動いただけで止まらずにその場所から落ちたりとか、チューン縛りでやらなくちゃいけないところとか"面白い"ではなく"ただストレスが溜まる"ことが多かった。


【総評】

GD2-07.jpg

前作で面白かった部分も強化されてるが、逆にストレスが溜まるような作りも強化されてしまった感じ。
総評としては、まぁまぁくらいかなーと。
メインストーリーを追っていくより、キトゥンちゃんを操作してぶらぶらと探索することの方が遥かに楽しかった。余裕があったらサイドミッションクリア含めてトロコン目指す…かもしれない。
関連記事
SSX
Posted by SSX
ゲーム好きの気分的ブログ
気軽にコメントどうぞ。

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply