クラフト(建築)による自由度が魅力。フォートナイトをやろうぜ!

2018年08月24日
0
0
Wii・Switch全般
fn025.jpg

PUBGというバトロワ系のゲームが流行り、その流れに乗っかって今はフォートナイトというゲームが世界的にも人気。
日本でもTOKIOがCMなんかしたりと勢いが凄い。
実際にハマるくらいに面白かったし、是非とも一度プレイして頂きたいので紹介記事。



fn005.jpg

メニュー画面。
基本プレイは無料で、最大4人までが一緒にプレイ可能。
PC、PS4、Xbox one、Switch、iOSと様々なプラットフォームで配信されてる。
Android版も現在開発中。

※PS4のアカウントを作った場合、そのアカウントではSwitchは二度とプレイ出来なくなるので注意!
Nintendo Switch/PS4版『フォートナイト』アカウント連携の制限によりクロスプレイの議論が再熱。任天堂/SIEともに騒動に言及 | AUTOMATON


今回の画像は全てSwitch版です。


【課金要素】

fn007.jpg

いわゆる課金アイテムの数々。
見た目が変わるくらいでキャラの能力に影響したりは一切しない。
派手な服装だとその分見つけられやすくなるかも?


fn006.jpg

シーズンやティアという概念があり、1シーズン(約2~3か月)ごとに大きなアプデがある。
無課金なら上のティアが適用される。簡単に言うと、やりこんでいくとどんどんアイテムがもらえるようなもの。
有料のバトルパスというものを購入すると、1シーズン中に下のティアの恩恵も受けられるようになり、特典が豪華になる。


【ゲームモード】

fn004.jpg

基本のモードはソロが1人、デュオが最大2人、スクワッドが最大4人でのチーム戦モード。
スクワッドを1人でプレイなんてことも出来る。

期間限定だが、『50vs50』や、『プレイグラウンド』という格ゲーでいうトレーニングモードのようなモードもある。


【いざ戦場へ!】


fn009.jpg

最初は『バトルバス』という飛んでるバスから始まる。
大まかなルールは、1つの大きな島で100人が戦いあって最後の1人を決めること。
ここから自由に降下してどこら辺に降りるかも大事なポイントになる。


fn008.jpg

最初のうちはなるべく人が居なさそうな遠い場所、バトルバスのルートから外れた場所に落ちるのがオススメ。人が多いとそれだけ生き残る確率が低くなる為。
戦闘をガンガンしたいぜって人は、乱戦必死のティルテッドタワーにGo!



【クラフト編】

fn010.jpg


このゲームが他のTPSゲーと違うところは、クラフト(建築)による自由度の高さにある。
まずは最初から持ってるピッケルを使い、そこら辺の木や車やを破壊する。
そうすると、木・石・鋼といった資材が入手することが可能になり、それらを使ってクラフトすることが出来るようになる。


【階段を作る】

fn011.jpg

少し高い場所があった場合、普通なら進めないが…
高低差などがどうにでもなるのがフォートナイトの良さ。


fn013.jpg

fn014.jpg

Aボタンを押し、クラフトモードに切り替え。
階段を作り、無事に通れるように!クラフトに消費する資材の量は、一律で10個使う。
序盤で150~200くらいは貯めておきたい。今後のことも考えると、コントローラー設定はビルダープロがオススメ。


【壁を張る】

fn015.jpg


階段と同じくらい重要なのがこの壁貼り。
相手から撃たれた時なんかは、まず壁を張ることを意識。そうしないとひたすら撃たれて死んでしまう。

fn016.jpg

壁+階段の複合テクニック。
周りを囲みながら階段を作ると自分にとって安全な場所を確保しやすい。
この場合は壁x4 階段x1なので、全部で50の資材を消費する。


【床を張る】

fn019.jpg

空中に床を貼って移動することも可能。
ビルからビルへ渡ったり、相手に奇襲を仕掛けたり、これまた用途も様々。



fn020.jpg

階段を続けるとこんなに長くすることも。
ただし、このゲームは落下ダメージがあるため、あまり高く積み上げていくとそのダメージで死ぬことになりかねない。適度な高さを保とう。


fn021.jpg

最近アプデで追加された車。4人乗り可能。
見ての通り身を守ってくれる物理的要素がないので、移動には便利だが特別強いというわけではないw 皆で乗ると楽しいやつ。


fn022.jpg

島の中では経過時間によって安全地帯が決まっており、その場所を外れるとストームの被害(HPがどんどん減る)にあってしまう。
ストームエリアが迫ってこないか適度にマップを確認することが大事。


【宝箱】

fn017.jpg

島の中にはそのまま武器が落ちてたりするが、それとは別にいくつもの宝箱がある。


fn018.jpg

宝箱の近くにいるとシュワーと音がするので、実に分かりやすい。開けるといくつかのアイテムが複数入ってる。
宝箱がある場所自体は固定だが、出現するかどうは決まってない。宝箱の場所をある程度覚えることなんかも生き抜く上では重要。


fn024.jpg

スクワッドでの敵との対峙シーン。
相手より高所に陣取ることが基本。高い場所のほうが相手を視認しやすく、ヘッドショットなんかも決まりやすい。


【ビクトリーロイヤル!】

fn002.jpg

色々な激戦を経て、最後の1人になると見事ビクトリーロイヤル!
勝ったときは勝利のダンスだ!(エモーション)

この脳汁ドバドバの気持ちよさを味わうためにまた何度も戦いの旅に出るのである…。


【総括】

語るべき要素が多く、まだまだ全部は紹介しきれてないけども、フォートナイトの魅力が少しでも伝われば幸い。興味持ったら上手な人のプレイ動画なんか見ると楽しそう!ってなるかもしれない(経験談)



正直言ってゲーム独特の立ち回りに慣れるまで難易度が高く、かなり時間はかかってしまうが、それでもやり続けてしまう魅力がこのゲームにはある。面白いのに周りにあまりやってる人が居ないので、いつか4人でプレイ出来たらいいなぁ!
関連記事
SSX
Posted by SSX
ゲーム好きの気分的ブログ
気軽にコメントどうぞ。

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply