『グラフィティスマッシュ』が思った以上に面白いので、紹介してみる。

2017年10月29日
0
0
グラフィティスマッシュ
sma-22.jpg

10月26日に配信されてハマってるグラフィティスマッシュ。通称グラスマ。
開発はバンナムオンライン。なんか見たことあるような気がしなくもない要素が満載のゲームだ!まだ知名度が無さそうなので、紹介してみる。

【AppStoreから入手】

【Google playから入手】




【戦闘システム】

sma-01-1.jpg

これが戦闘画面。はい、モン○トですね。モ○ストとルール的にもほぼおなじ。
『味方のキャラをはじいて相手にぶつけて倒す』、これが基本。

ただ、○ンストだけでははなく、様々なゲームからパク…アイデアを取り寄せてるのがこのグラスマ。面倒なので、もう伏せ字はやめる。


sma-03-1.jpg

まず、キャラをはじくと、下にオレンジ色の『リキッド』というものを塗ることが出来る。床のリキッド率が高いと敵に与えるダメージ倍率が上がったり、アイテムが出やすくなったり、武器スキルが強力になったりするので、基本的には、これを塗り塗りしながらゲームを進めていくことが基本となる。

まるで、スプラトゥーンですね。(元作やったことはないが)


【グラ魂】

sma-16.jpgsma-17.jpg

グラ魂と呼ばれるのは、1つの戦闘に1度だけ使える召喚獣のようなもの。
強力な効果があり、大ダメージを期待出来る。

しかし、リキッドを塗ってデザインを浮かび上がらせないと使うことは出来ないので、あまりに使うのを出し渋ると敵に消されてしまい、使いたいタイミングで使えないことも。これも使うタイミングが重要になる。


sma-11.jpg
エフェクトが浮かび上がって、グラ塊が使用可能な状態。


【キャラクター】

sma-20.jpgsma-21.jpg

最高レアである☆4以上のキャラクターは、ホーム画面に設定出来る。(多分声が付いてる為)
使用回数が増えると好感度も増えて、しゃべるセリフも段々変わっていく。色んなところもタッチ出来るぞ!好感度が上がる毎に、個別にキャラのストーリーも見られるように。

ホーム画面の後ろの街の背景が、リアル時間に対応してるのが何気に好き。(朝・夕方・夜)


【マルチ関連】

sma-24.jpgsma-23.jpg

いつでもネット協力プレイが可能。人気のある部屋は埋まるのが早く、席取りゲームになる。
部屋に参加する側は、スタミナを一切消費しないので、美味しい。


sma-05.jpgsma-06.jpg

マルチ協力では、順番通りに行動してターンが回ってくる。
スタンプを利用して簡単なコミュニケーションも可能。誰かが切断なりで抜けると、その順番のキャラは、強制的にホストや別プレイヤーが担当することになる。


sma-18.jpg

リザルト画面。
ホスト側も一応メリットがあって、『ホストボーナス』ということで、ソロでプレイするよりも宝箱が2つ増える。ソロの方が気楽だが、出来るならばホストになった方が報酬は美味い。


【対戦】

sma-07.jpgsma-08.jpg

まさかの対戦機能も搭載!
あまりまだプレイしてないが、意外に面白く、立木文彦ボイスで熱く実況もしてくれるw


sma-09.jpgsma-10.jpg

ルールとしては、相手と自分が同時にスタートし、一定のターン数が終わった時のリキッド率で勝敗が決まる。つまり、こちらが1体しか残ってなくても、相手より上回れば勝ちとなる。敵を倒すのも大事だが、塗ることも疎かにしてると駄目。

☆4のイナリなんかは通常のクエよりも対戦で輝くキャラ。火力もそうだが、塗り能力も重要になる。現状、アイテムの効果がすごく強いので、ここらへんは今後のバランス調整に期待か。試みとしては面白いと思った。


【ガチャ】

sma-00.jpgsma-02.jpg

ガチャ自体の確率は良心的。最高レア率は7%。
ガチャ演出に関してはモロにパチンコ・パチスロの影響を受けている。『確定!』とか『激アツ』とか。

○○物語とか好きな人は特に興奮するかもしれない。


【武器・成長システム】

sma-26.jpg

ここらへんは特に白猫プロジェクトに近いシステム。
属性が合った武器をキャラクターに装備することが出来る。剣、槍、杖等、色々な種類があるので、そのキャラを生かせる武器を装備するのが大事。武器には武器スロットのようなものがあり、ここに『マテリア』と呼ばれるものを装着することによって、更に能力が上がる。


sma-25.jpg

キャラクター自体の強化とは別にあるのが、潜在解放。
『オーブ』と呼ばれるアイテムを消費して、ステータスを更に%単位で強化出来る。

ラック上げだけは、ガチャで被ったことによるオーブでないと出来ない。


【遠征所】

sma-15.jpg

sma-13.jpgsma-14.jpg

遠征所では、キャラクターを派遣して、アイテムを入手することが出来る。
ここでは、『ラック』や『ガッツ』といったステータスが重要になる。これも白猫のオファーシステムに近いが、選んだキャラが戦闘で使えなくなるといったことは無い。



【問題点・気になること】

ここまでシステムを紹介したところで、今後の気になることについて。

・無課金でやっていけるか?

現状、ラック上げがガチャ被りでないとガチャキャラは上げれない仕様。ラック自体にどれだけの価値があるのか、いわゆる降臨系のクエストのキャラがどこまで使えるのか…。
まだまだ情報不足なので、これは今後の展開次第かなと。今のところはプレイに問題ない。


・BGM
個人的判断になるが、グラフィックに比べ、音楽はあんま記憶に残らないかな(;・∀・)


・時限クエや難易度の緩和。

イベクエが基本的に2時間毎に交代なので、なかなかにプレイがしにくい。
中級でも他ゲームの上級クラス、上級なんかは超級に値するといってもいいくらい難易度が高め。上級に挑む時点で覚醒したキャラのレベルマクラスは要求される。敵のHPが高く、また敵の攻撃もかなり痛い為に油断出来ない。悪いわけではないが、もう少し敵を弱くして欲しい…特にHP。

ココらへんはもっっと緩和してくれても良いと思う。


【総括】

よく人気ゲームにあやかったクローンゲームなようなものがゲームをプレイしてると出てくるが、大体は劣化品であり、結局のところは気にもとめられないことがほとんど。パズドラ全盛期なんかも、やたらそういうゲームが出てきた。

けれども、グラスマは色々な要素を取り込んでいるが、ちゃんとしたゲームになってるところが好印象。特にモンストを今更やるのもなぁ…と思ってる人はプレイしてみては?

ゲーム自体は面白いけど、ソシャゲはそれよりも運営の方が大事。これからどうなっていくかに期待してる!
関連記事
SSX
Posted by SSX
ゲーム好きの気分的ブログ
気軽にコメントどうぞ。

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply