テイルズ・オブ・ゼスティリア 噂のゲームをぷれい

2015年04月18日
0
0
PS全般
ToZ-00.jpg

今年の1月に発売されたにも関わらず、
悪い意味で巷を騒がせたのがこのゲーム、テイルズオブゼスティリアでございます。

やれ"ヒロイン詐欺"だの、"プロデューサーが逃亡"だのと炎上してたり、wikiも作られちゃったりするくらい。けど、それのどこまでが真実なのか自分で試さないと分からないわけで。ということで、プレイ開始していきます!

とりあえずは序盤の感想なんかを。
エクシリア2は最終的に楽しめたが、今回はどうなんだろう。


【キャラクター紹介】

ToZ-01.jpg

まずは人間の主人公であるスレイ。
最初はどうにも顔の目が離れすぎているって言ったらいいのか、カエルみたいな見た目が気になって仕方なかった…(今は慣れたけど) もうちょい違和感がないモデリングに仕上げれたんではないかと思う。

エクシリアのデータがあったせいか、ミラのぬいぐるみを装備出来てかわいい感じになったので、多分これからは余程の事がない限り外さないと思うw


ToZ-02.jpg

人間とは違った種族の、『天族』であるミクリオ。
スレイの良き親友的なポジション。多分ツンデレ。


ToZ-03.jpg

2人で遺跡探検をしていると…
まぁ何ともエロティックな娘が倒れてるじゃないか!!

ミクリオの制止をよそに、起こしてみるスレイ。


ToZ-04.jpg

この段階では名前は明かされないが、彼女の名前はアリーシャ。
この展開で会うってことはこのゲームのヒロインなんでしょう?そうなんでしょう?

いや、プレイする前に見たレビューである程度知ってるんだけどさ…(´・ω・`)


【マップが広い!】

ToZ-05.jpg

今作でまず目に付いたのがマップの広さ。
シリーズの中でも一番広いんじゃないかな。

これが良いことかと思えばそうでもなく、移動速度が絶妙にちょっと遅いので、マップを回るだけでも大変。 RPGに置いてやってはいけない原則の1つとしてマップが広いってのが俺の中であるんだけど、もっとスマートに出来なかったのか。


ToZ-06.jpg

人間であるアリーシャを連れてきたことにより、天族の村の長老からお叱りを受けるスレイ。
天族とは人間からは本来見えない存在であり、子供の頃から一緒に天族と育ってきたスレイだけは特別らしいそうな。

つまり、アリーシャはこの天族の村ではスレイ以外誰一人として認識してないということになる。
もうアレだな、只のお化けの村だこれw


ToZ-07.jpg

一緒に狩りをしたり、都に帰るアリーシャの為に色々と尽くしてあげるスレイ。
う、うん、これは明らかに主人公とヒロインだわ…。


ToZ-09.jpg

とまぁそんなこんな色々あって、アリーシャが都に帰った後を追いかけてきた、スレイとミクリオ。

この世界には憑魔(ヒョウマ)と呼ばれる存在が居て、人や動物が持ってる負の感情が溜まり過ぎるとなってしまう魔物のようなもの。天族と同様に一般の人には存在を認識出来ないみたい。


【早くも導師に!】

ToZ-10.jpg

ToZ-11.jpg

都での『聖剣祭』の儀式の際におきた混乱を収める為に、剣を抜いてしまうスレイ。
えらく展開早いな!その場に居た天族であるライラと契約をして、無事に導師に。

導師とはこの世界の救世主のようなものであり、天族と交信が出来たり、その天族の力を使いこなせる存在だが、元から交信が出来たスレイは、改めてライラと契約をすることによって導師となったっぽい。


ToZ-12.jpg

導師の目的とは穢れの大本とも言える『災禍の顕主』を浄化すること。

ラスボスみたいなものなのかな?


【サポートタレント】

ToZ-14.jpg

移動中に勝手にキャラがしゃべったりするのが謎に思ってたが、今その謎が解明された。
サポートタレントによって自動的にお菓子を作ったり、宝箱を見つけたりといった効果があるらしい。

これによって『回復アイテム買わなくても良くなりそう!』と考えてしまうドケチ野郎であった。


【目に見えない設定】

ToZ-15.jpg

ToZ-16.jpg

天族が見えるのが基本的にはスレイだけなので、旗から見てると只の痛い子になってるのが可哀想w このままな訳がないと思うので、いずれ他の人にも見えるようになりそうだが…。

そんなちょっと変わったスレイに対しても、普通に接してくれるアリーシャは良い子です。


【神衣化!】

ToZ-17.jpg

ToZ-18.jpg

ストーリーを進んでいくと、天族と人間のフュージョン、『神衣化』が使えるように。
合体してしまう分キャラは一時的に少なくなるんだけど、その代わりかなり強い神衣化のキャラを扱えるように。神衣化した攻撃はとある属性に特化してるので、敵の弱点に有効な時に効果を発揮しそう。


あと、カメラが酷すぎる!
今作は今までのシリーズと違って、その場で戦闘がシームレスに始まるタイプなので、戦闘のフィールドはその場所に強く依存する。狭い場所や壁際なんかだと、カメラがドアップになったり、荒ぶったりして、まともに戦闘するのが難しいレベルに。

これは明らかにクソ要素。
こんなのになるんだったら、別にシームレスな戦闘とかいらんかったよね。


ToZ-19.jpg

テイルズといったらスキット。
いや、今ではチャットって言うんだっけか。これを見るとテイルズやってる気分になるね。
今までと違って、セーブポイントや宿屋固定くらいでしか見れなくなってるのが残念だけど。


固有名詞がバンバン出てくるので、ちょっと言葉では伝えづらかったが、今のところゼスティリアに良い印象はあんまり受けないw

登場したキャラ達は基本的には嫌いではないので、これからどう化けるかが鍵!
何やらストーリー中盤から更に酷いことになるらしいが、プレイ日記も果たして続くんだろうか…><
関連記事
SSX
Posted by SSX
ゲーム好きの気分的ブログ
気軽にコメントどうぞ。

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply