テラバトル スタミナ0キャンペーン。ヴァルキリーを倒せ!

2015年02月22日
0
0
テラバトル
tera-321.jpg

新召喚獣である『ヴァルキリー』が配信された。
今までの召喚獣とはまた一味違った戦法をとってきて、こちらもそれ相応の対策が必要になる。

更には、期間限定でスタミナ消費0という大変太っ腹の運営に驚き!
結構プレイしたので、攻略のポイントや活躍出来るキャラの紹介。


【まさかのスタミナ消費0!】

tera-330.jpg

ヴァルキリー配信と同時に1週間だけスタミナが0に!
今までの必要スタミナ消費数が、15、25、40だったのが全て0に。ホスト不足だった協力プレイが誰でも気軽に立てれるようになりました。

これ自体はありがたいことなんだけど、問題はこのキャンペーンが終わった際にわざわざスタミナを消費して協力をやろうと思うのか?ってこと。特にⅢの難易度なんか40も使うわけで…。これはさすがにスタミナ消費が激しすぎると思うので、今後の展開も考えてどうにかして欲しいね。


【それでは実戦!】

tera-322.jpg

ヴァルキリーⅠとⅡは特に語ることもないので、いきなりⅢから!
初期配置はこのようになっており、ボスであるヴァルキリー自身に注目して欲しい。

今までの召喚獣ボスは2x2マスの大きなアイコンだったのに対して、今回のヴァルキリーは1x1マスの普通サイズの敵。これにより、2キャラずつで挟んで大ダメージ!といったことが出来なくなっている。

画面内に大きく表示されている『のこり6ターンで逃走』の文字通り、制限されたターン以内にヴァルキリーを倒さないと逃げられてしまう。逃げられても一応クリア扱いになるので敗北という訳ではないが、ヴァルキリー自身がドロップするアイテムは入手出来ないので、実質的には敗北に近い。つまり、今回の召喚獣戦は早めに倒すことが重要となる。

相手は剣属性のキャラなので、なるべく有効な槍属性のキャラで固めておきたい。


tera-323.jpg

エリア上にある岩も実に嫌らしく邪魔になっており、操作を阻害したり、ヴァルキリー自身を挟みにくくしている。特に厄介なのはヴァルキリーを囲む周りの4体の雑魚敵。


【攻略ポイント1:厄介な4体の雑魚敵】

剣属性の2体の雑魚敵は、横に対しての攻撃スキルと横挟みに対してカウンターを発動してくる。キュレル(ピンクの方)はカウンターでHPを4分の1に、キュラレ(青い方)は戦意喪失状態にしてくる。確実に倒しきれる時やどうしても横で挟まないといけない時以外は、縦で挟むこと。


特に重要なのが、実はそれ以外の2体の方。
ハーティロ(杖属性)は周りの味方を回復させるキャラであるので、一番最初に優先的に倒したい。このキャラを倒すのに時間がかかればかかる程、結果的にヴァルキリーを倒すのも難しくなってくる。

次に優先して倒すべきなのが、トゥミレ(属性なし)
特に何の攻撃もしてこないが、トゥミレを倒すことによって本来なら6ターンしかない制限時間を更に3ターン伸ばすことが出来る。火力キャラがかなり揃ってない限り、倒すことはほぼ必須レベル。

雑魚敵が居るとヴァルキリーを守るかのように動いて挟みにくくしてくるので、やはり早めに倒しておくと後々楽になる。


【攻略ポイント2:最初になるべく目指したい形】

tera-324.jpg

ホスト側のプレイヤーの初期操作によってその後の難易度も変わるといっても過言じゃないので、なるべく敵2体を挟んで攻撃を与える&他のキャラを連鎖に含めてスキルを発動しておきたい。ユッカ等の操作時間+2秒持ちならこれもやりやすいはず。

上手い人なら初手で3はさみなんかも出来るらしいが…俺には無理だw(;・∀・)


【雑魚敵大量出現】

tera-325-1.jpg

ターン数が経過していくと、メカチュラを増援で呼び、次のターンで大量の雑魚敵が出現することになる。

雑魚敵自体の性能は大したことがなく、挟めば簡単に倒すことも出来るが、問題は大量に居るせいで邪魔になって上手く挟むことが出来なくなること。ヴァルキリー側の時間稼ぎ攻撃みたいなもんかな。

ここで活躍するのが地震やギガスピアクロスといった広範囲技。ここまで来たら残りターン数も少ないので、無理矢理にでも高火力なキャラを引っ張ってでもヴァルキリーを挟んでおきたい。


【攻略ポイント3:四方囲みというスキル】

tera-329.jpg

今回のヴァルキリー戦で活躍するのが、この『四方囲み』
四方囲み持ちのキャラを含めて四方で敵を挟むことによって、中心となる敵に与えるダメージが50%増えるというもの。2体同士で挟むことが出来なくなった分、4人で挟むことが出来るなら一気に大ダメージを与えれる。

最初はなかなか狙えないが、敵の数が少なくなるに連れ狙いやすくなるので、狙える場面があったら狙って行きたい(特にヴァルキリーに対しては)


【ヴァルキリーゲット!】

tera-331.jpg tera-332.jpg

運良く一発でドロップして、素材を集めて最終強化完了。
スキルはなんと『テラソード+スキル発動率100%』!!!


……( ゚д゚)


うん、まぁ微妙だよね。
1回だけ運良く発動したが、召喚のエフェクト自体は凝っててカッコイイので、是非自分の目で見て欲しい。

ドロップ率は低いがコインアップを落としたり、クリアするだけで1000以上はコインを貰えるので、実においしい!スタミナ0の内に貯めておきたいところ。


【フレンドと一緒に】

tera-327.jpg

野良プレイである程度の知識を得て、今度はフレンドと一緒にやってみた。
使うところが限られるが、状態異常のスペシャリストのイケメンレギン君を連れていってみる(`ω´)グフフ


tera-328.jpg

ガンガン麻痺らすぜ!眠らすぜ!
そんなことやるんなら火力キャラで倒したほうがいいんじゃ?っていう突っ込みは禁止だ。


tera-326.jpg

失敗すると色々と煽られるぞ、気をつけろ!(`;ω;´)
エモーションは楽しいけど、野良の場合はやりすぎに注意を。



【攻略ポイント4:活躍するキャラ一覧】

ヴァルキリー戦の中で活躍していたキャラ達を紹介。
基本的には槍キャラで固めるのが吉。

【物理火力キャラ】

tera-335.jpg

・マッカリー(槍:Bクラス) 
みんな大好きマッカリー。全キャラ中攻撃力最強のトカゲ。
耐久にやや心配あるが、それを補う火力がある。もし持ってたらとりあえず入れとけキャラ。
『四方囲み』持ち。Bクラスだし、協力でも使ってる人は多め。

・オーディン(槍:Sクラス)
マッカリーの攻撃力を下げた変わりに耐久度が上がり、ギガスピアクロスというとても優秀な範囲スキルを持つ。ステータスのバランスが良く、多分一番使いやすいキャラ。
『四方囲み』持ち。降臨キャラなので、これまた使ってる人も多い。

・スォウ(槍:SSクラス)
物理で活躍しない事がない何でも屋。火力も高く、スキルによって耐久度もトップレベル。
それ自体も凄いが、『暗殺 クロス』による即死攻撃が雑魚敵に有効なのがかなり大きい。他の状態異常に比べれば効きにくい方だと思うが、即死出来るだけで優れもの。

・バハンナ(槍:SSクラス)
火力を落としたスォウのようなキャラ。それでも十分に火力は高い方。
『冥界送り クロス』というスォウと同じ範囲即死スキルを持ち、活躍出来る。
ヴァルキリーⅡでは槍属性キャラで唯一テラスキルを持ってるので、ⅢよりはⅡの方が活躍しやすい。

・ツバキ(槍:SSクラス)
テラ系が2つも打てるので、火力としては高め。
ただ、範囲技やバフ系が一切なく、自分から挟まない限り何もすることが出来ないので、この中では活躍度は一番劣る。

・ググバ(剣:SSクラス)
本人の火力もさることながら、ヴァルキリー戦では今までの召喚獣ほどPゲージが溜まりやすくない。ググバ1人でも居ると、『地震&P溜め効果』により、Pポイントを使って最大火力で挟むことがやりやすい。『四方囲み』持ち。

・ズズ(剣:Sクラス)
『火力&みかわし伝授』と正当な性能のキャラ。
正当に強い。正当に使える。良いキャラしてるよ本当。
これまた『四方囲み』持ち。


【補助キャラ】

tera-334.jpg

・ユッカ(槍:SSクラス)
『操作時間+2秒』と『混乱アロー 周囲』が便利なキャラ。
火力にはあまり期待出来ないが、操作要因として優秀で連鎖の組み立てがやりやすく、混乱アローも周囲なので当てやすい。多分即死よりは効きやすい(体感)
純ヒーラーのような回復オンリーキャラで操作するよりは、ユッカのようなアタッカーも出来るキャラを入れた方が良い。

・ジュガン(槍:Sクラス)
個人的に最も重要であると思うキャラ。
火力がとても必要とされるヴァルキリー戦で、『3すくみ効果+20%』の恩恵は凄まじい。
野良でたまに3ターンでヴァルキリーを倒せる事があったりするが、その場合は間違いなくと言っていいほどジュガンのお陰。『四方囲み』持ち。
ただ、本人自体の火力は低く、きちんと連鎖に入れてかないと意味を成さないので注意。

・ケン(槍:Aクラス)
毎度お馴染み仲間シリーズ3人目のキャラ。
しかし、オーディン戦でのパール、アルテミス戦でのコリンといったほどの活躍は出来ない。
何故なら、仲間系のキャラのバフの意味が防御>発動率>攻撃となっており、攻撃力が優先されるヴァルキリー戦ではそこまで意味を成さないから。

『槍使い 攻撃力+5%』の効果を微量だからと馬鹿にして入れてない人を結構見かけるが、それならケンを入れる必要性が更に下がってしまうので、絶対に入れてほしい。5%といっても効果は重複されるので、連鎖次第では結構な火力アップに繋がる。


tera-336.jpg

・オルバ(槍:SSクラス)
ボディガードの名にふさわしいオルバ。
ちゃんと使えば『みかわし伝授&物理カプセル&身代わり』でかなり活躍出来るが、必須というほどでもない。出来れば最初から連鎖に入れられるホストの人向けのキャラ。
マッカリーの耐久度の低さや敵の全体攻撃をカバー出来るので、純ヒーラーキャラよりはオルバの方が安心出来る。

・ルナーケン(槍:Sクラス)
回復?全部避ければいいんだよ!を地でいくキャラ。
『みかわし伝授プロ』の効果は凄まじく、物理攻撃をことごとく避けまくる。
スキルの範囲が周囲2なので中央に居たら大活躍するが、必ずしもそうではないので、その時によって活躍度が変わりやすいかも?

・ジーラ(杖:Sクラス)
『全体ヒール&石化&操作時間+』をバラまけるスク水補助要因。
これまた純ヒーラーを入れるよりはこちらを優先で。石化はハーティロに対して確定で入り、非常に強力。


【良い槍キャラが居ないぞ!って人へ】

みんなが槍キャラが揃ってるわけじゃないので、そういう人達の為の選択肢。

・バル(剣:Bクラス)
火力に関しては剣ながらも1.5倍勢なので、十分すぎる程の火力が出る。
マッカリー同様に耐久力に不安があるのが難点。
テラバトルユーザーの半数は持ってるはずなので、他に連れて行くキャラが居なければ入れておこう。何故か協力では見かけないけど…?

・ナクラン・ウピ(剣:Aクラス)
『操作時間+2秒』&『野獣 防御-20%』のデバフ持ち。
このデバフ効果は、ヴァルキリー戦に出てくる雑魚敵4体に通用するのでオススメ。
ヴァルキリーⅡ以下ではギガが2つ撃てるので、ナクラン・ウピ単体でもそれなりの火力はある。


【やっちゃ駄目なこと】

・クスカ等のヒーラーキャラを先頭にする

PTの先頭にされると、"初期配置の際に一番上の位置で始まってしまう"ので、ホスト側が2体同時に挟む場合(1体でも同様)位置的にヒーラーで挟むことになってしまい、火力がダウンしてしまう。ヒーラーを避けようとしたら今度はホスト側の操作難易度が上がってしまうので、なるべくなら自分の中で一番火力の高いキャラを優先的に先頭に配置しよう。

・魔法、属性物理を連れて行く

アルテミス同様に魔法攻撃がほとんど効かないので、魔法キャラ自体を入れる時点で無駄な枠になってしまう。槍の属性物理キャラならまだケン等の恩恵を受ける事が出来るが、SS魔なんてのは思考停止して何も考えずに入れてるに過ぎない。

初見の人が選びそうなヴァルキリーⅠやⅡなら何が効果的か分からないから仕方ないにしろ、Ⅲとかでも連れてくる人がたまに居るので、正直言ってかなり迷惑。

・SSヒーラー

駄目ってほどでないが、まったく活躍出来ない。
アルテミス戦では剣のアミマリー等の選択肢もあったが、SSヒーラーを入れるくらいなら適当な物理キャラを入れたほうが遙かにマシ。


tera-339.jpg

楽しくてやりまくってたら、いつの間にか素材が30つも貯まっていた。
自分の中でも連れていけるキャラが多いからかな。

今までとは違った面白さがあったので、次なる召喚獣に期待!
関連記事
SSX
Posted by SSX
ゲーム好きの気分的ブログ
気軽にコメントどうぞ。

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply